Iラインの脱毛

Iラインを脱毛する前に読む手引き

Iライン脱毛ってそもそも必要なの?

デリケートゾーン
脱毛に興味がある人が一度は思うこと。 
それは「Iライン脱毛は必要なのか」ということです。

 Iラインってよく聞くけど、いまいちどこか分からない人もいるはずです。 ですからまずはIラインの場所の確認をしましょう♪ 

脱毛範囲という意味でのIラインは脱毛サロンによって微妙な違いはありますが、基本的な部分は変わりません。 基本的な部分とは、まさに「股」部分のことです。 
「体育座りをして足を開いたときに丸見えになる部分」と紹介されることもあるようです。(分かりやすいっちゃ分かりやすい) Iラインがどこかが分かったところで、「何でこんなとこを脱毛するの?」と思いませんか? Vライン脱毛の場合、「パンツからのハミ毛が嫌だから」「夏の露出のために」という正当(?)な理由がありますが、 Iラインってそれこそ特定の人にしか見られることがありませんよね。(例えば彼氏や旦那さん) そうすると一体なぜIライン脱毛をするの?世の中そんなに女子力が高い人たちが…?! 

 実はIライン脱毛にはこんなメリットがあります。

①生理の時のIラインのムダ毛によるかゆみや蒸れがなくなる 
②水着や下着でのハミ毛(Iライン部分によるもの)がなくなる
③セクシー下着も余裕で履ける

正直Iラインは本当に場所がデリケートな部分なので、ムダ毛が多い、少ないと感じるのはもうその人次第です。 

比べようがないので自分の毛量がどうなのかすら分かりづらいんですよね。 ですから人によっては、デリケートゾーンのムダ毛が多いばかりに友達と温泉に行くのをためらう人、 彼氏とのお泊りをためらう人もいます。 そういう悩みをもっている人は、Iライン脱毛をすることで「不安な気持ちを解決する」というメリットがあるとも言えます。 

 「Iライン脱毛は必要か不要か」と意外と一言では言えないんですよ。

Iライン脱毛って痛くないの?

Iライン脱毛には興味があっても、痛そうで嫌だなぁ、と思っている人はたくさんいるはずです!
確かにIライン部分ってデリケートな場所ですし、痛そうと思うのも無理はありません。

***まず最初にお断りをさせてください(^人^)
***痛みの感じ方はは人によって違います!ですから「全く痛みがない」とは断言できません。
***極度に痛みに弱い人は「もしかしたら」の可能性として「叫ぶ」こともあります。

ここで脱毛サロンの脱毛方法を少し確認しておきましょう。
どこの脱毛サロンは基本的に「光脱毛」を行っています。
サロンによってSSC脱毛、IPL脱毛、フラッシュ脱毛など呼び方はいろいろですが、
使われる光、ジェルによって名前が違うだけであって、毛を死滅させる原理はどれも一緒なんです。

この光脱毛の特徴は「毛が濃くて密集している部分」ほど刺激を感じやすくなっています。
反面そういう部分こそ脱毛効果を感じやすい部分でもあるのです。(光脱毛はメラニン色素に反応するためです)
つまりワキだったりVラインのような密集部分は痛みを感じやすいということです。

そしてこの光脱毛の一般的な(というかよく言われている)痛みは、「輪ゴムでパチっとはじかれた程度」の痛みです。
輪ゴムでパチっとはじかれる程度というと、だいたいの人が「痛っ!」と感じて終わる程度だと言えます。
ですからそのくらいの痛みは脱毛部位がどこであろうと最低限はあると思っておいたほうがいいです。

さぁ話をIラインに戻します。
ネット上の口コミを見てみると多くの人が「あまり痛みを感じなかった」と言っています。
痛みを感じても「輪ゴムではじかれた程度」という人が多いです。
一方で「叫ぶほど痛みを感じた」という意見も少々あります。(比較的少なめですがそれでもすごく痛い人もいます)

ですが安心してください!
サロンでは必ず、1回、2回照射した後に痛くないかを聞かれます。
その時に必ずスタッフさんに言いましょう。

※アンダーヘア脱毛の必要性や痛みなどの詳細については、こちらのリンク先(VラインとIラインの脱毛)をご覧ください。
脱毛は自分がしたいならすればいいんですよ、周りの友人がどうかとか関係ないです。
陰部に不快感を感じる程度も人それぞれですよ~。